みきてぃのブログ@ロシア&カザフスタン

2015年11月~ロシア(モスクワ)、2016年6月〜カザフスタン(アルマティ)在住。27歳関西人駐在妻の日常。

カザフスタンでお花に目覚めました〜生け花教室〜

 

みなさま、ズドラーストヴィーチェ!

 

先日カザフスタン人の生け花の先生のお宅におじゃましました。

 

私がこれまでの人生で訪れた豪邸の中でも、飛び抜けてゴージャスでした。

 

玄関

f:id:mikitie-russia:20170313220551j:image

さすがお花の先生、家の隅々までセンスが光りまくってます。

 

また別日におじゃましたらこんなことに。

f:id:mikitie-russia:20170313220623j:image

この花は全部先生の手作り!可愛い〜!

 

アトリエに案内され、

f:id:mikitie-russia:20170304211823j:image

f:id:mikitie-russia:20170304211737j:image

f:id:mikitie-russia:20170304211011j:image

さっそく生け花クラスの始まり!

 

右が先生。

f:id:mikitie-russia:20170304211713j:image

先生はロシア語オンリーなので、左にいる先生の娘さんが英訳してくれます。

 

第一回目の材料↓

f:id:mikitie-russia:20170304211038j:image

 

こちらご存知でしょうか?

f:id:mikitie-russia:20170304211155j:image

オアシスという吸水性に優れている硬いスポンジみたいなもの。これはすでにバケツいっぱいの水を吸い上げたあと!

 

カップにこのオアシスをギューギューにはめ込みます。

f:id:mikitie-russia:20170304211230j:image 

 

そしてこの周りに材料をグルーガンを使って貼り付けていきます。

f:id:mikitie-russia:20170304211128j:image

 

ちなみに材料の中にこんなケースが。

f:id:mikitie-russia:20170304211313j:image

 

私には尿検査のケースにしか見えませんでしたが、こんな風に忍ばせて、中に水を注いで、そこに小さなお花を挿すためのものだそうです。

f:id:mikitie-russia:20170304211330j:image

 

土台の完成!

f:id:mikitie-russia:20170304211348j:image

右上にかかってる丸いの何?って聞かないでください。私の個性が爆発した結果です。

 

先生が一生懸命説明してくれてましたが、自分の世界に入ってしまい全然話を聞かず、結局好きなようにぶっ挿して完成!!

f:id:mikitie-russia:20170304211429j:image

生け花の達人には、みきてぃそこにその花挿したらあかんわよとか色々突っ込まれそうですが、自分的には満足です!w

 

みんなで記念写真!

f:id:mikitie-russia:20170305194913j:image

私がひょこっと顔を出すと、横のフランス人マダムが食らってしまいました。

 

 

第2回目!

 

この日の材料↓

f:id:mikitie-russia:20170313033553j:image

このわしゃわしゃした枝をどうするかと言いますと、

 

ワイヤーでくるくる巻いて

f:id:mikitie-russia:20170313033620j:image

 

丸くして

f:id:mikitie-russia:20170313221621j:image

 

プラスチックのケースに巻きつけて土台完成!

f:id:mikitie-russia:20170313033747j:image

  

そこに次々とまた挿していきます。

f:id:mikitie-russia:20170313230649j:image

 

 

f:id:mikitie-russia:20170313033314j:image

28歳は、お花が大好きな清楚系キャラで売っていきたいと思います。

 

相変わらず今回も話を聞かずに自由にブスブス挿しました。

f:id:mikitie-russia:20170313033402j:image

可愛い♡

 

この私の様子を旦那に伝え、教えてもらった言葉があります。

 

しゅ‐は‐り【守破離】

 

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

(ネット辞典から拝借)

 

 

私には全てにおいて、というステップが存在しないそうです。破離だそうです。

また数分間、ありがたい説教を頂きました。

 

ダスヴィダーニャ!