みきてぃのブログ@ロシア&カザフスタン

2015年11月~ロシア(モスクワ)、2016年6月〜カザフスタン(アルマティ)在住。27歳関西人駐在妻の日常。

歩くの大好き!〜28人のパンフィロフ戦士公園〜

 

みなさま、ズドラーストヴィーチェ!   

 

近くの公園へお散歩へ。

f:id:mikitie-russia:20161106232555j:image

1ヶ月前の積雪が嘘のよう。w

冬の後、秋がやってきたわよアルマティ。

 

 

この公園はアルマティの観光名所のひとつ、

「28人のパンフィロフ戦士公園」

f:id:mikitie-russia:20161106232642j:image

Panfilov Park | Almaty Kazakhstan

 

 

第二次世界大戦の時、まだカザフスタンが旧ソ連の一部だったころ、

f:id:mikitie-russia:20161106232902j:image

対ドイツ戦でモスクワを守るため出征し戦死した、カザフスタン共和国出身のパンフィロフ将軍率いる28人の戦士たちが、敵陣の50台中18台もの戦車を破壊したとのことで、それを称してこの公園が作られました。

 

これが一番有名なモニュメント!

f:id:mikitie-russia:20161106232739j:image

よく見ると旧ソ連の土地の形になっている。(銅像の右端くらいに日本があるイメージ)

 

f:id:mikitie-russia:20161106232813j:image

パンフィロフ将軍。すごいマッチョで男らしい。

20代半ばまでは、いわゆる草食系男子と言われる、戦ったら勝てそうなヒョロっとした系男子がタイプだったのに、最近は街でゴリゴリのマッチョの男性を見かけると後をつけていきそうになります。

 

 

広場の中央には戦争で亡くなられた方々のために消えない「永遠の火」が灯されています。

f:id:mikitie-russia:20161108221941j:image

 

この公園の中央にあるのが、

 

ゼンコフ正教会

f:id:mikitie-russia:20161108221203j:image

ポップなデザイン。

1904年に創建され、釘は一本も使われていないのにも関わらず、1911年の大地震でも倒壊しなかったそう。中にも入れます。

 

 

公園を散歩していると見たことない生物を発見!!!

f:id:mikitie-russia:20161106232846j:image 

 

たぶんリス?

f:id:mikitie-russia:20161106232912j:image

肉眼で見たのは初めてだったので興奮しました。こんな可愛い動物が公園に普通にいるアルマティ激アツボンバー。

 

秋晴れの中、時間を忘れてゆっくりと静かな公園をお散歩。はぁ〜♡なんて優雅な休日なんやろ〜♡と1人浸っていると、

隣には、突然の腹痛に襲われて悶えてる旦那が!!! 

通常の痛みでは決して弱音を吐かない、鋼のメンタルを持つ男が顔面蒼白。

1秒たりとも余裕のない状況の中、私が知ってたトイレへとすり足で連れて行き、ギリギリ間に合いました。

 

この時、広い公園の敷地の中でトイレの場所を正確に把握していたことに、出逢って以来1番の感謝の気持ちを伝えてもらいました。

 

 

そして家に帰り、暇を持て余した挙句、旦那とヨガのポーズをしようかとなり、

f:id:mikitie-russia:20161108220728j:image

↑これ結構むずかしくて私はまだできないんですけど

 

 

運動神経の良い旦那やったらできるかな〜と思ってやってみたところ

 

 

 

 

パリン。

 f:id:mikitie-russia:20161109184418j:image

尻で割りました。

なぜ家中で唯一のガラスのドアの前でそのポーズをやろうと思ったか。もちろん弁償です。

 

ということで、おしり運のない旦那の一日でした。

 

ダスヴィダーニャ!

 

駐在妻ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます♡

              ⬇︎⬇︎⬇︎ポチッと 

                       にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ