読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきてぃのブログ@ロシア&カザフスタン

2015年11月~ロシア(モスクワ)、2016年6月〜カザフスタン(アルマティ)在住。27歳関西人駐在妻の日常。

迫力がすごい!アルマティで鷹(タカ)狩りが見れる

 

みなさま、ズドラーストヴィーチェ!

 

先日、鷹狩りが家の近くで行われるとのことで行ってみました。

 

Сункар(スンカル)→

Сункар центр семейного отдыха, уникальный соколиный питомник.Шоу агентство Клоун

f:id:mikitie-russia:20161009014439j:image

ショーは毎週土曜日17時の1回だけ。

 

入り口から200mくらいまっすぐ歩いた左手にチケット売り場があります。

f:id:mikitie-russia:20161009014646j:image

1人1900テンゲ(約600円)

 

ここではいろんな種類の鷹が飼育されています。

f:id:mikitie-russia:20161009014515j:image

 

園内で、まだ外は明るいのに酒臭いおじさんが鳥を威嚇してるのを見かけましたが、

f:id:mikitie-russia:20161009014555j:image

鳥が本気でウザがってました。w

 

 

鷹狩りショーが行われるのはここ。

f:id:mikitie-russia:20161009014722j:image

 

右のおじさんが鷹使い。

f:id:mikitie-russia:20161009014816j:image左は弟子であり、おじさんの息子。

 

かっこいい父。

f:id:mikitie-russia:20161009014942j:imageこの日は外国人客が多かったので、英語で解説してくれました。

 

紐につながれた獲物をひょいっと投げると

f:id:mikitie-russia:20161009015029j:image

 

ものすごいスピードで飛んできてキャッチ。

f:id:mikitie-russia:20161009015059j:image

 

上手く技ができたらご褒美をあげます。ご褒美はヒヨコ(オス)。卵を産まないオスの運命は辛い…

f:id:mikitie-russia:20161009023814j:image

おじさんが女の子に「このヒヨコ、鷹にあげてみー」って嬉しそうに言ってましたが、

 

鷹の小さいくちばしからヒヨコの脚がはみ出しつつ、なおかつワイルドにムシャムシャ食べるので、なかなか生々しい光景でした。

 

次に出てきたのは大きい鷲。

f:id:mikitie-russia:20161011012839j:image

 

池の中に落とされた獲物めがけて

f:id:mikitie-russia:20161009015604j:image

びゅーん。

 

f:id:mikitie-russia:20161009015631j:image

がしっ。近くにいましたが風圧を感じました。

 

ご褒美は牛の骨。

f:id:mikitie-russia:20161009015335j:image

この葉巻のような大きい骨をごっくんとひと飲み。

 

さらに、お腹が空いていたのかそばにあった

f:id:mikitie-russia:20161009015452j:image

お風呂用のプラスチック製のヒヨコまで襲っていました。

 

ショーが終わった後に快く写真を撮らせてもらいましたが、

f:id:mikitie-russia:20161009015746j:image

ものすごく重い!!!

いつかこの鷹を使って、誰かを狩りに行こうと思います。みなさん気をつけてください。

 

おじさんが割とジョークを連発してくれたので30分ほどでしたが、全く飽きずに楽しめました。 

 

でも今年はもう終わり。また暖かくなったら再開されるみたいです!

 

ダスヴィダーニャ!

 

海外駐在妻ランキングに参加しています。

いつも本当にありがとうございます♡^ ^

                   ⬇︎⬇︎⬇︎

                            にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ